LASTFRAME(ラストフレーム)は、デザイナー奥出貴ノ洋により、2018年に設立。
デザイナーが経験してきた世界中の様々なカルチャーをベースに、メイドインジャパンに拘り表現され、中でも職人の数が年々減少している伝統技術にフォーカスを当て、デザイナーのフィルターを通した現代的解釈により、これまでに無い独自のデザインで表現されている。
ブランドを代表するアイテムのスカーフは、デザイナーの出身地である石川県で120年を超える歴史のある紋織物技術を用いたシルクのオリジナルテキスタイルを製作し、プリントは横浜の伝統的なスカーフ製造技術、縫製は一点一点職人による手巻き縫いで仕上げられている。
これら全てが世界最高レベルの技術を誇っているが、今では職人の高齢化が進み、後継者不足により今後の製造が困難な状況でもある。
この様な状況を打破すべく、メイドインジャパンのラグジュアリーブランドとして世界に発信する。
エラー
  • 該当がありませんでした。

LASTFRAME

ページトップへ戻る